2006年01月10日

第二種冷凍機合格の決め手は計算問題の理解度でした

その業界で著名な大手企業を退職し、現在は第二の人生で管理人と同じ職業の知人がいます。

50代後半で名前はヤスさんとしておきます。

ヤスさんは渓流釣りが趣味で、記録的な寒さが続く今年でさえ、同好の士との新年会はやはり渓流釣りだそうです。

正月くらい暖かい部屋で一杯やった方が、と思うのですが・・・。

その彼が、何本目かの技術屋の資格を新年早々に取得しました。



ヤスさんが今回取った資格は、高圧ガス製造保安責任者試験のひとつで、第二種冷凍機械責任者という国家資格です。

現代の人間が生きる環境には、なくてはならない設備のひとつが冷凍機ですが、それを取扱うことのできる技術者の証です。


試験は、法令保安管理技術学識の3科目に分けられています。

魚釣りをやりながら(?)、どのように受験準備をしたのか、ヤスさんから聞いた合格体験をご紹介します。


<冷凍2種合格の体験談>

この資格を目指したキッカケは、平成12年に冷凍3種を取得し、3年ほど過ぎたので、その上位資格にチャレンジしようと考えたからです。

本当は平成15年に取る予定でしたが、現実は合格までに3回挑戦することになってしまいました。

理由は、試験科目の学識が毎回ネックとなっていたのです。

そこで、今回は絶対取ると決意し、9月中旬に準備を始めました。

解答用紙と集計表を作成し、毎回の得点から自分の実力をチェックしながら、過去問5年分を4回消化しました。

使用した教材は、

日本冷凍空調学会発行 試験問題と解答例 1,700円

冷凍3種取得時の都立技術専門校使用テキスト

です。

学会の試験問題と解答例は1冊の本ですが、答え合わせには不便だったので、二つに切り分けて使いました。

これは非常に便利な方法なのでおすすめです。


今回合格の決めてとなったのは、やはり学識科目である計算問題の理解度でした。

失敗した過去2回は、計算問題をよく理解しないまま、文章問題だけで点数を稼ごうとしていたのです。

しかし、今回は職場の先輩から親切に指導していただいたおかげで、納得がいくまで追究でき、おもしろいように理解が深まりました。

これまでの戦績は次のとおりです。

     H15   H16   H17
法令  65    60    85
保安  50    70    70
学識  50    50    60
結果 <不>  <不>  <合>

(合格基準は各科目とも60%)

平成18年1月6日にインターネットで合格が発表され、3回目の挑戦で何とかものにできました。

実は、昨年行われた試験の翌日、高圧ガス保安協会の正解答により、自己採点で合格を確信していました。

そのためか、達成感はありましたが、喜びは今一の思いでした。

過去の2回の実績から、妻の方は合格を信じてなかったようです。


資格を取得したことが即仕事に反映することはないかも知れません。

しかし、これを取るために自分がやってきたことが、今後の仕事でものを言うときが必ずあると感じています。

これからも、一生挑戦していくつもりです。


職場の先輩に恵まれ、感謝、感謝、・・・。




資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 10:31 | Comment(3) | TrackBack(1) | ビル管理
この記事へのコメント
私も前者と同じで電気の経験がないので実技がない電験3種の後に2種電気工事士を取りました。その後ビル管・冷凍3種を3年間で4種目運良く取得できました。取得に金を掛けたくないので、ただひたすら参考書のみで頑張りました。性格上勉強は短期間勝負との考えで、すべて人間の集中は長くて3ヶ月と考えて勝負しました・・もちろん1回目で電験・ビル管は合格しませんでした。勉強は短期間で毎日2時間から3時間生活リズムを変えず、酒も飲み、土日は運動し1〜3ヶ月頑張りました。ちなみに今52歳です3年前〜2005年昨年の話です。
Posted by yu-2006 at 2006年06月05日 21:04
コメントありがとうございます。

yu-2006さんは、いろいろドラマチックな合格体験をお持ちなようですね。

もしよろしければ、これから受験する方々のためにそのご体験をご披露いただけないでしょうか?

電験3種、2種電気工事士、ビル管、冷凍3種すべて是非お聞きしたいです。

左側の「合格体験募集中!」の投稿フォームでよろしくお願いします。
Posted by 多聞 at 2006年06月05日 21:29
計算問題が一番簡単なききがした。
下の4つの式を知ってればなんとでもなると思う。
Φ0=qmr×(h1−h4)
P=qmr×(h2−h1)
COP=Φ/P×ηmηc
V×ηv=qmr×v1
Posted by なに at 2011年11月11日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


【第1話 もっこり大学生の宅建奮闘記〜宅建とか始めてみる〜】
Excerpt: 寒い日がつづいておりますが、みなさんお元気でしょうか? 前回の「S・T」さんの【知識ゼロからの宅建短期合格】は読んでいただきましたか?「S・T」さんは、とても気さくな方でインタビュー..
Weblog: 宅建合格体験記
Tracked: 2006-01-18 15:39