2009年05月17日

派遣切りを乗り越え自衛消防合格

100年に一度といわれる世界的な大不況で、多くの方々が悲惨な派遣切りに遭遇している、というニュースが毎日のように報道されました。

そのおひとりであるRONさんが、感動的な合格体験を送ってくださいました。

新しい職場で、正式採用の条件とされた自衛消防技術試験を見事に突破されたのです。


それでは、RONさんの合格体験をご紹介します。

【自衛消防試験合格体験】

自衛消防技術試験に合格し、このサイトをいろいろ参考にさせてもらったので、粗末な文ですが投稿します。


自分は31才で、ある大手自動車メーカー関連の部品工場で仕事をしてました。

そして、契約終了日が近づいたある日、派遣会社から突然解雇を通告されました。

『注文がなくなり、12月いっぱいで、来年の契約はできなくなりました。荷物をまとめる都合もあるでしょうから、もう来なくて結構ですよ』

これ以上の冷たい言葉はないでしょう。

同じような状況の仲間たちは、ショックがでかく、みんな声も出なかったです。

寮もすぐ出されるので、親に事情を話し、また神奈川の実家に帰ることになりました。

親がいる自分はまだいい方ですが、帰るあてのない人には地獄のようでした。

先進国といわれるこの日本なら、普通はあり得ないと思います。


実家に戻り、求人広告などで新しい仕事を探していたある日、偶然出合った友達からいい話を聞きました。

取引先の会社で、泊りができる警備員を募集しているというのです。

すぐ電話番号を教えてもらい連絡したら、2日後に面接をしてくれることになりました。

履歴書を持って行った先は都内のあるビルで、人事課の人と面接した結果、条件付で採用してもらえたのです。

その条件は、入社した3ヶ月以内に自衛消防技術試験を取るという事で、それまでの間は試用期間です、とはっきり言われました。

要するに、自衛消防試験が入社試験のような感じです。


出勤した最初の日に会社から参考書を渡されました。

もし合格できないとヤバイことになるので、腹の中はもう必死でした。

自衛消防とはどんなものか、試験はどんな内容か、ネットで調べようとしたらすぐにこのサイトを見つけたんです。

目次で、自衛消防のことが書いてあるところを全部読んで、試験の内容が少しづつわかってきました。

でも、練習問題をやったら30点にも届かなくて、正直ガックリ落ち込みました。

通勤電車では参考書をよく読んだつもりですが、そう甘くなかったです。

しかし、簡単にあきらめられる立場じゃないので、この問題に何度も挑戦しました。

25問の練習問題が3本もあるので、しっかり気合を入れないと勝てません。

意地で満点とるまで、同じ問題をたぶん10回以上やったこともありましたね。


そのうち、勉強がにが手な自分でも、問題の文をだいたい覚えちゃうくらいでした。

会社で借りた問題集にも、似たような問題が何問もあり、少しづつ自信が出てきた気がしました。


先月本番を迎えたんですが、周りの予想を裏切って、何と一発で合格できました。

実技試験は、非常放送や消火器の使い方など、先輩が徹底して教えてくれました。

そのおかげで、元気な声を出すことを心がけながら、ようやく合格できました。

試験の合格は車の運転免許を取ったとき以来で、ほんとにうれしかったです。


期限がギリギリだったけど、先日正式に採用されたので、とりあえずこの道で頑張るつもりです。

つまんない話ですが、お礼のつもりで書きました。

どうもありがとうございました。






資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消防関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/119678750