2009年08月06日

自衛消防試験受験のコツ

仕事などで価値ある資格試験を突破され、その合格体験記を投稿していただくのは、管理人にとって最高の喜びです。

ところが、このたび自分の不注意で大失敗をしてしましました。

受信ページを表示するデザインが変更されたことを気づかず、折角投稿していただいた貴重な体験記を10日間も放置してしまったのです。

この大変なご無礼をいたしましたのは、30代の男性会社員でkumakumaさんおっしゃる方に対してであります。

kumakumaさんは、自衛消防技術試験を見事に合格され、臨場感あるすばらしい体験記をお送りくださいました。

本当にありがとうございます。

ここに、管理人の不行き届きを深くお詫び申し上げ、謹んでご紹介させていただきます。





■kumakumaさんの自衛消防技術試験合格体験

皆さん始めまして。私は警備会社に勤務する30代です。

私は自衛消防技術試験を職業上もっておいた方が良いと先輩に言われ受験しました。

その際、ここの合格体験ファイルがとても役立ちました。
これから受験する方々に受験のコツを伝授します。

(1)筆記はとりあえず問題集からやりましょう・・・
ここの問題集でも良いですし、実際に試験会場で販売している問題集でも良いです。
とりあえずそれを問題見て、すぐ答えが指差せるぐらいになればほぼ合格するのではないかと思います。
同じような問題も私の時は結構出てきました。

(2)実技試験・・・
これは筆記が受からないと受けれませんが、何点か私がビックリした体験談をお話します。
私は受験番号が一番後ろの方でした。
実技は番号順なので、へたすれば3時間ぐらい当たり前に順番が来るまで待ちます。
しかも、その間は、そのフロアーから外出できませんし、もちろんタバコも吸えませんし、携帯などを触ることもできません。
テキストは実技を待つ間は見ても大丈夫でした。
ただ一つ注意なのは、集団実技試験(記述式)は実技説明が終わるとすぐ一斉に始めますので気をつけてください。
私みたいに、順番が後ろだから集団試験も後だと思うと焦ってしまいますよ・・・

もう一つ、注意して欲しいのは個人実技です。
私の場合は基本的に簡単とされる消火器や消火栓の実技はなく、火災受信機などがメインでした。
その際の注意です。
試験は音声と画面で確認できますが、制限時間が以外に短いので、ゆっくり問題を見て聞いてしてるとすぐにタイムオーバーになります。
ある程度文章で把握できれば、行動に移った方が良いと思います。


以上です頑張ってください。








資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消防関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/125088786