2006年02月15日

平成17年度ビル管試験

平成16年度の建築物環境衛生管理技術者(通称ビル管)試験は、合格率が10%に届かないというかなりの難関でした。

しかし、翌17年度のそれは



35.3%と前年を大きく上回ったそうです。

より多くの人々がその努力を報われたということになりますね。

業界では受験者の奮起により、昨年の4倍を超えるビル管合格者を輩出した会社もあります。

担当者が相当手間をかけて収集したと思われる合格者アンケートでは、次のようなことがわかりました。

(%)は回答者の比率です。


まず、今回受験した感想では

1.勉強したところが多く、何とかなりそう(26.9%)
2.過去問とは傾向が違う感じ(19.2%)
3.出題範囲が広い(11.5%)
4.問題がひねくれている(7.6%)
5.その他合計(34.6%)
 ・出題が素直
 ・去年に比べて簡単
 ・易しかった印象はなく、余裕はなかった
 ・例年と比べ解答しているときに手応え
 ・自信をもって解答できる問題が多かった
 ・午後の試験は勘が頼り
 ・出足はよかったが、空調であせり、給排水でまずい
 ・なんとかしないと・・・・・・などなど


受験の動機は

1.興味があったから(25.9%)
2.会社が推奨しているので(18.5%)
3.仕事に必要だから(14.8%)
4.スキルアップのため(11.1%)
5.資格手当ねらい(7.4%)
6.自己啓発として(7.4%)
7.その他合計(14.9%)
 ・上司に奨められて
 ・定年前の集大成として
 ・去年のリベンジで
 ・自己の付加価値向上のため


勉強方法は、
過去問題を繰り返し解く(84.6%)
が圧倒的。


合格の決め手とアドバイスでは、
 ・途中であきらめない
 ・苦手科目をなくす
 ・毎日こつこつと続ける

といった結果でした。


とにかく、合格の栄冠を勝ち取るには
途中であきらめずに、過去問題をひたすら解き続ける
これが結論のようですね。


いますぐこれを始めれば、今年の12月、免状がお宅へ届くはずです。






資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビル管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13319099