2006年06月05日

資格試験に暗記はつきもの

どんな試験でも、避けて通れないことがあります。

暗記です。

公式、年代、単語、規則、条文、種類、名称、分類、性質、特徴、範囲、手順・・・。

種類はいろいろあるでしょうが、とにかくその試験で求められていることを知識として覚えなければなりません。



ただ暗記するだけでなく、それを使いこなせるかどうかが問われることももちろん多いです。

でも、特殊な例を除けば、受験勉強に暗記不要はないでしょう。


例えば、乙4の試験で、その危険物が第何番目の石油類に属し、水に溶ける性質かどうかを覚えるだけで、かなりの手応えを感じます。


学校で先生が覚え方を教えてくれる場合もありますね。

最初に経験したのは算数の九九でしたが、円周率やルートも先生に教わりました。


世の中では、昔からいろいろな暗記法やユニークな記憶術が考案されています。

勉強の合間にそれらをのぞいて、何か利用してみるのもひとつの手段になるかも知れません。


この暗記に関する情報をまとめたサイトがありますので紹介します。

暗記の部屋(暗記法・暗記術・受験サイト)







資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 15:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資格情報
この記事へのコメント
ちょっと気になったんで来ちゃいましたwがんばってください!
Posted by ふゆにっき at 2006年06月07日 00:00
ふゆにっきさん、ありがとうございます。
Posted by 多聞 at 2006年06月07日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18867433