2006年07月11日

資格が生きるビル管理

ビルディングといわれる中・高層の建物は、その中で働いたり、出入したり、居住したりする人々が何百あるいは何千という人数になります。

そのようなビルでは、安全の確保居住環境の維持をするのは容易なことではありません。


例えば、万一の火災発生に備えて、スプリンクラー・消火栓や排煙機がいつでも起動できるよう、万全な機械的・人的体制がとられています。

また、館内の空気環境を快適な状態にしておくために、空調設備のファンやポンプが常に運転しており、何百台というモーターが見えない所で動いています。

照明はもとより、エレベータからパソコンまで、すべてのマシンを動かす電力を安全確実に供給するため、受変電設備が日夜運転されているのです。

つまり、高層の建物では、莫大なコストをかけて入館者の安全を守り、居住環境を維持しているわけです。

これを継続的に実現していることがビル経営者に課せられた前提条件であります。


一方、安全で快適な環境を提供することが目的である企業が、建物(ビル)管理またはビルメンテナンスといわれる業種です。

そこで、ビルオーナーはこの目的を実現するために、ビル管理を業とする会社へその業務を委託しているわけです。


ビルの運営や工事の管理等を除いて考えると、ビル管理会社の主たる仕事は、清掃警備設備が大きな3本の柱と言えます。


まず、清掃業務は、居室、トイレ、通路、階段、出入口、昇降設備、外構などをきれいな状態に保つ仕事です。

ごみが発生したり、あちらこちらが汚れる原因はほとんどがヒトです。

その人間が数多く存在する場所に、清掃は欠かすことのできない基礎的な業務なのです。

日頃、どんなビルに入ってみても、あまり汚いところはありませんよね。

もちろん、毎日々々清掃作業を行っているからです。

汚れたところからは次第に人が離れ、ビルは当然成り立ちません。


清掃といえば、貯水槽、排水管、汚水排水槽、浄化槽などの衛生設備や、空調機フィルター、冷却塔などの空調設備も定期的に清掃されます。

これらはまた別の専門家が担当します。


次に警備業務です。

警備員というと外見がおまわりさんと少し似ていますが、いわゆる警察とは根本的に大きな違いがあります。

また別の機会にご紹介したいと思います。


続いて設備業務ですが、簡単にいえば各設備の運転管理ですね。

各設備とは、電気、空調、衛生、消防、防災、建築、通信、セキュリティなどで、かなり広範囲となっています。

これは自分の担当ですが、勉強しながら追ってご紹介いたします。


ところで、このビル管理業に携わるためには、以下のような資格を取得することが求められます。

まず、清掃業務に必要な資格は、

ビルクリーニング技能士
清掃作業監督者
清掃作業従事者研修教育責任者
防除作業監督者
建築物清掃管理評価資格者
病院清掃受託責任者
排水管作業監督者
貯水槽清掃作業監督者
浄化槽清掃技術者

等々があります。


設備に関してはもちろん技術的な資格が中心です。

電気、防災、空調、環境衛生、エネルギー、公害、建築等の分野があります。

電気主任技術者
電気工事士
危険物取扱者
消防設備士
防火管理者
冷凍機械責任者
ボイラー技士
建築物環境衛生管理技術者
高圧ガス製造保安責任者
エネルギー管理士
公害防止管理者
建築設備検査資格者

などで、まだ他にもたくさんあります。


どの資格も、それぞれの法律で定められており、大事な役目を担う人の技術的根拠となって多くの人々に貢献しているわけです。




大きなビルが広大な敷地にさらに集合した形の「東京ミッドタウン」、「汐留シオサイト」や「六本木ヒルズ」などにおいては、居住人口が数千人、また就業人口は数万人にも達します。

従来の街が再開発されて、まったく新しい一大都市が出現するわけです。

いま首都圏では、このような大規模再開発プロジェクトが、民間主体、官民共同、官主導などさまざまな形で計画がすすめられています。

ビル管理は、資格を持っていないと就けない職種が多い業界です。

要するに、上記のような資格を有する人々がこれから大勢必要とされているわけですね。






資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | ビル管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20598919

建築物が気になったぞ
Excerpt: 主任技術者となるためには、次の資格が必要である。1級国家資格者2級国家資格者実務経験者:1級国家資格者:業種によって違うが、おおむね1級建築士、1級施工管理技士などの資格が必要である。関連した分野の技..
Weblog: 建築物が気になったぞ
Tracked: 2007-07-24 23:36

電気主任技術者の資格取得
Excerpt: 電気主任技術者とは? 電気主任技術者とは、電気設備の維持・管理・運用を監督する人です。第一種、第二種、第三種があり、一種は電力会社、二種は事業所、三種は一般事業所などです。 事業用電気工作物の設置者..
Weblog: 資格の取得で就職、転職ゲットで給料、年収アップ
Tracked: 2009-03-24 14:02