2006年07月31日

警備員になるための条件

昨今は、一歩外へ出るといろいろな所で警備員の姿を見かけます。

金融機関、デパート、オフィスビル、駅、駐車場、工事現場、イベント会場、現金輸送車、要人警護等々です。

これらの警備業務は、警備業法という法律によりその種類が大きく次の4つに分けられています。



1号警備・・・施設警備
2号警備・・・交通誘導警備
3号警備・・・貴金属運搬警備
4号警備・・・身辺警備

そして、何の警備であっても警備員の仕事に就くためには必ず要求されるものがあります。

それは、身分証明書の提出です。

この身分証明書は本籍地の役所で発行され、破産や成年後見の有無を証明する書類です。

一般の就職でこれを求められることは少ないですよね。

お恥ずかしいことに、管理人もビル管の業界に入るまでその存在を知りませんでした。

しかし、警備員は例えアルバイトであってもまったく同様に要求されます。

他にも必要な条件が警備業法で定められており、住民票や健康診断書も必要となります。


さて、ビル管理における警備業務は、上記の1号警備にあたり、施設の安全を監視したり危険の有無を警戒するなどの仕事です。

しかし、警備員には警察官のような特別な権限が与えられているわけではありません。

つまり、基本原則として、職務質問類似行為、交通整理類似行為、取調べ類似行為などは固く禁じられているのです。

あくまで、一般市民と同様の権利義務を有しているにすぎません。

その上で、不審者、不審物、救急、緊急時等の対応について教育訓練を受けているのです。


この警備業務に要求される資格としては

新任警備員教育受講者
現任警備員教育受講者
警備員検定1,2級
機械警備業務管理者
自衛消防技術認定者
防災センター要員講習受講者
救命技能認定者
防火対象物点検資格者
警備員指導教育責任者
防火管理教育担当者

等があります。




資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 02:10 | Comment(14) | TrackBack(0) | ビル管理
この記事へのコメント
平成17年11月に警備業法の改正が行われました。
この結果、「警備員指導教育責任者」は、1〜4号の区分毎に細分化されました。
従来は、警備員指導教育責任者を取得すれば、全ての区分の指導教育を行えましたが、改正後は該当区分のみに限定されました。
また、2年ごとの更新制度になりました。
さらに2号警備は、交通誘導警備と雑踏警備に細分化されました。
全ては、明石大橋の事故が契機となっています。
Posted by 通りすがりの交通誘導員 at 2007年05月25日 16:28
通りすがりの交通誘導員様

貴重な情報、ご丁寧にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 多聞 at 2007年05月25日 17:08
こんにちは!
警備員指導教育責任者について調べていて、このHPにたどりつきました。しかし、警備業務に係る資格っていっぱいあるんですね・・・大変勉強になり、貴重な情報ありがとうございました!
Posted by 潤平 at 2008年08月20日 06:40
潤平様
お礼が遅くなり失礼しました。
わざわざご連絡いただきましてありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
Posted by 多聞 at 2008年09月06日 12:55
質問があります。
この間、警備の仕事をするために面接にいったのですが学歴・職歴合われて過去五年間の経歴提出が義務付けられているような話を面接官からうけたのですが提出後に何か審査のようなものが在るのでしょうか。
Posted by ごんべー at 2009年01月20日 17:38
ごんべー様
コメントありがとうございます。
ご質問について、恐縮ながら正確な回答はできませんが、一般論で申し上げます。
求人側は応募者に対する採否の判断材料をできるだけ欲しいですよね。
たまたま、面接に行かれた会社は過去五年間の経歴を元に結論を出すという何か根拠があるのでしょうね。
最終的に採用を決断するには、提出された書類をよく審査をするというのは当然だと思います。
管理人の勤務先には、警備業務の社員が数百人おりますが、そのような経歴提出義務は聞いたことがありません。
でも、18歳以上の応募者が学歴・職歴合わせて五年間に満たないようであれば採用は見送るでしょうね。
ごんべー様が、もし採用する側だった場合、どうお考えになりますか?
Posted by 多聞 at 2009年01月20日 23:09
今、バイトです、社員になるためには交通誘導2級の試験を受けて交通誘導2級の資格がいるそうです。しかし借金があることがバレました。借金があると社員にはなれませんか?
Posted by 闇鴉 at 2009年03月21日 15:18
闇鴉様
コメントありがとうございます。
借金にもいろいろ種類がありますし、一概には何とも言えません。
住宅ローン・奨学資金・車購入・キャッシングなどなど、すべて借金です。
問題なのは、返済能力を超えた借金を抱え、しかもこれが滞った場合ですね。
原因が金銭感覚が甘く無計画な借金であった、となれば、当然社員として採用する会社はないですよね。
実際、経済的な事故を起こした人は、性格的に再犯の確率が非常に高いそうです。
本文にある身分証明書は、そのような事故の有無を確認する書類です。
しかし、きちんと返済されている借金は普通本人しか知らないはずですから、採否の影響はないでしょう。
今回、相手にバレたという点が微妙です…。

Posted by 多聞 at 2009年03月21日 17:25
身分証明書は提出しました。詐欺に会い、
弁護士に相談し、警察に捜査して貰ってます。弁護士に相談した頃から、前いた会社に詐欺業者から嫌がらせの電話がかかってきました。そのことを、前いた会社の社長が自分がいる警備会社の人に話したそうです。

会社によっては何故辞めたのか前いた会社に聞くみたいですね?
警備会社はそんな傾向があるんでしょうか?ちなみに金は払ってません。取り返す交渉を弁護士さんにしてもらってます。警察も動いてくれてます。
Posted by 闇鴉 at 2009年03月22日 19:16
闇鴉様
非常に大変なご様子とお察しします。
恐縮ですが、浅学非才な管理人には、アドバイスなどを申し上げられる範囲を超えております。

企業は警備会社とは限らず、よい社員を集めるために、いろいろな調査をするかも知れません。
そこで得た情報が正しいか否かを判断するのも決して簡単ではないと思いますが。
いづれにしても、採用される側は評価される立場ですから、できることを精一杯頑張ることではないでしょうか。
参考にならないコメントでごめんなさい。
Posted by at 2009年03月23日 00:12
通りすがりの者です
警備員検定1級を2つ、指導教を4つ、その他防犯、防災、ビル管理関係の資格・経歴を持つ者です
コメントの幾つかを読ませていただきました

まず、過去の経歴5年間の調査ですが、一般的には警備員の要件(業法第3・7条)である犯罪歴の調査として行われています
簡単に言えば「過去5年間に刑務所に入っていなかったこと」「過去5年間に反社会的な組織に所属していなかったこと」を確認するものです
一般的にはその事実がなかったという「誓約書」で足りるのですが、貴重品運搬や重要施設警備などに従事させる場合に「この者は信用ある警備員です」ということを客先に信用してもらうために行っている場合があります
実際には「○○警備会社(信用調査会社)ですが、○○さんが○年○月から○月まで御社に在籍していたのは間違いないでしょうか」という内容の電話をする程度です
そのような警備会社の面接を受けるのであれば、退職した会社には警備会社の面接を受ける旨を連絡しておいた方がよいと思います

次に借金の件ですが「身分証明書」は単に警備員としての要件を満たしているかの確認にすぎないため、消費者金融などから(弁済能力を超える)多額の借金をしていないことを誓約させるために本人に聞き取り調査をします
警備会社の管理担当者がそれとなく同僚に「○○さんが最近変わった様子はありませんか」「隊員同士の金銭(多少問わず)の貸し借りはありませんか?」という質問をすることはあります
Posted by 通りすがり at 2011年04月04日 14:23
通りすがりの追記です

前記述で「業法第3・7条」との記述は「業法第3・14条」の誤りです すみませんでした

さて、長々と記述してしまいましたが、警備会社には警察や検察のような強制力のある調査権限はありません
本人の身分確認は業法第3・14条を満たしているという確認を行えばそれで足りてしまうわけで、身分証明書はもとより住民票の確認も義務ではありません
しかし、そのような警備員ばかりでは困りますので、警備業法施行規則第66条第二項により、警備業者は身分確認をするためにどのような措置を講じたのかを明らかにする必要があります
したがって、それぞれの警備業者が一般企業として行える範囲でそれぞれの実状に合った調査をすることになっているわけです

Posted by 通りすがり at 2011年04月04日 15:00
通りすがり様
非常に詳しいご説明を誠にありがとうございました。
警備業の指導資格までお持ちのプロのコメントなので、多くの方々が参考にされると思います。

つきましては、通りすがり様にお願いがあります。
もし可能でしたら、貴方様の資格試験合格体験をいくつかご披露いただけないでしょうか?
左の「合格体験募集中!」から、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by 多聞 at 2011年04月04日 22:42
そんなんで人の信用がきまるなら
しないほうがいいでしょう。人を疑うのは良くないです。警備員なんてそんなに信用が大事ならしなくていいです。結局は信用するかしないかは
一面の書類で片付けれるなら必要ないでしょう
Posted by マスダカズヒコ at 2013年04月02日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL