2006年09月16日

54歳の第二種電気工事士受験対策

現代に生きる私たちの生活環境は、空気や水と同じように、電気の存在なくしては考えられません。
電気を利用したものが身の回りを覆っています。

しかし、電気はひとつ取扱いを誤れば重大事故につながるおそれがありますから、常に危険と背中合わせと言えるかも知れません。

そこで、電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、電気工事士法という法律が定めれています。
つまり、一般に電気工事の作業に従事する者は、必要な知識技能を持っていることが大事な条件となるわけですね。


第二種電気工事士は、電気に関する理論、配線図、器具材料、工事施工、検査、法令など、取扱実務のすべてについて基礎知識があることを証明する国家資格です。


昨年、建築物環境衛生管理技術者の資格を取得した同僚のSさんが、今年この第二種電気工事士試験に見事合格を果たしました。

この資格は筆記試験と技能試験が課せられます。
自分の子供と同年代の若い人々に混じって、50過ぎの人間がペンチやドライバーを握って実技試験を受けるというのは大変なことです。

やり遂げたSさんには、強い意思と勇気に対し心から敬意を表します。

そのSさんに合格体験記をお願いしました。
ではご紹介します。




[第二種電気工事士合格体験記]

念願の資格をやっと手に入れました。
嬉しい限りです。

私は5年前から1年に2件の資格取得を目標に挑戦してきました。
しかし、なかなか思い通りにいかないのが世の常でして、私がつまづいたのはビル管と今回の電工の試験でした。

特に、電気は私の不得手とする数字が関係するので、日々の勉強が習慣化するまでは大変でした。
でもこれを克服しなければ、次の目標でもある電験3種に進めないということ。
ましてや、昨今のビル管理業界では電気を知らなければ不用人物(!!)にもなりかねないと言う不安感があり、額に汗を浮かべて取り組んできました。

ビル管の試験とは違い、ただ単に記憶するだけでは駄目で、工事ができる免許が取得できるわけですから、それなりの理解力と技能が必要でした。

私が電気と本格的に向き合ったのは今の仕事に就いてからで、それまでは世間一般的な知識でした。
そんな程度でスタートした勉強でしたが、参考資料と言えば毎度の某資格図書会社発行の本だけでした。

しかし、基礎ができていませんのでやはり壁にぶち当たりました。
どう考えても納得出来ない事が色々と出てきました。

参考書には必ずと言っていい位「100点は取らなくていいのです。60点で良いのです。」何て記載してありますがあまりにも無責任過ぎる言葉です。
出題内容がわかっているのであれば納得もしますが・・・・。

「藁をもすがる思い」とまではいきませんでしたが、こうなったらいつも顔を会わせる会社の同僚、諸先輩に聞いてしまおうと決め、行動しました。

特に、電気関係の勉強を専門的に長く続けていたとか、建築関係の仕事を長い間やっていた先輩の教え方は、とても解り易く説明して頂き大変助かりました。
年はかなり下の若い人たちも親切に教えてくれました。
もちろん、上司もいやな顔をせず応対してくれました。

周囲の方が皆さん優しい方達で、ましてや仕事がら現場の環境にも恵まれてかなりの知識を会得することができました。

「わからない時は聞いてしまうのが一番手っ取り早いが覚えない。」と言われますがそんな事はありません。

物事を教えるという事は大変なエネルギーを使います。
そんな相手のことを思って聞く姿勢があれば、覚えないなんて事は絶対ありません。

長々と記載しましたが、今回の合格体験記は、書物ばかりが資格勉強のツールではなく、身近で一緒に働いている方に疑問を投げかけてみてはという内容でした。

冒頭でも言いましたが、今は何でも電気です。
従って、電気関係の資格を一つでも持っていると、他の資格を取得するときに免除科目があったりしてかなり有利です。

私のように数字を見るだけで嫌悪感を抱く方も多くいらっしゃると思います。
でも、いざ取り掛かってみると、またわかってくると電気っておもしろいもんです。
是非ともチャレンジを!

ちなみに、私の電工試験は一度目に筆記試験のみ合格。
二度目は技能試験のみでしたが不合格。
三度目の今年で筆記、技能共に合格して只今免状交付申請中です。

以上です。





資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 11:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 電験・工事士
この記事へのコメント
Sさん、おめでとうございます。
よかつたですね、私も当時のことが
思い出されます、継続は力なり、これからも
資格取得に、がんばりましょう、職場に良き
先輩に恵まれ、お互いに感謝、感謝です
多聞さん、このような、ブログを
立ち上げて、いただき、感謝です。
Posted by 目黒のモグラ at 2006年09月16日 14:19
目黒のモグラさん、いつもありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。
Posted by 多聞 at 2006年09月16日 14:24
ありがとうございます。
おしゃる通り毎日コツコツとやるしかないですね。
お互い健康には留意して頑張りましょう!
Posted by Sさん at 2006年09月18日 19:59
【54歳の第二種電気工事士受験対策: 合格体験ファイル】運営者 様

初めまして、川島と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体から有料でリンク設置して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からのリンク設置をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非リンク設置をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体からの広告掲載・タイアップを熱望しております。

アフィリエイト会社を通さない掲載となりますので、貴媒体にとっても金額面等を含めて『良い条件』をご案内できるのではないかと考えております。
是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。

E-mail: ik-web@outlook.com  川島
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
 お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)
 
何卒宜しくお願い致します。
Posted by 川島 at 2014年04月25日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL