2012年04月01日

自衛消防技術実技試験問題例1

自衛消防技術試験で、午前中の筆記試験に合格すると午後の実技試験へと進みます。

その結果は2週間後にハガキでも通知され、もし不合格ならばあらためて実技試験に再挑戦しなければなりません。

後悔しないよう、事前に実技試験の受験対策もしておく必要があります。


ここに、その実技試験問題についての参考情報があります。

自衛消防技術認定者が500人を超える某企業で、合格した社員のレポートにより、実際に出題された実技試験問題を集めたものです。


まず、集団実技試験問題です。

これは記述式で解答しますので、問題を見たらさっと解答が書けるよう、教材を読んで頭を整理しておくことが大事です。



【集団実技試験例題1】


・ 防災盤が火災を受信した時にどのような状況を示すか3つ書け。

・ 建物内でコゲ臭い臭いがしてきた。どう対応するか?

・ 火報が発報した時、現場確認のために持参するものを3つ書け。

・ 火災が発生した時の非常放送文を書け。

・ 火報が発報した。消火班としてどのように対応するか?

・ 消火栓のボタンが押されました。元の状態に戻すにはどうしたらよいか?

・ スプリンクラーの止め方の操作手順を書け。

・ 駐車場二酸化炭素消火設備を起動する上での注意点を書け。

・ 垂直式救助袋の操作手順を書け。

・ 消防隊の進入口について説明せよ。






資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消防関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL