2005年07月18日

求人広告欄に記載された資格

いま世の中では、具体的にどんな資格を持った人々が求められているのでしょうか?

試しに、とある日曜日の朝刊を広げ、求人広告欄を調べてみました。
三大誌といわれる新聞のひとつです。

人材募集に関する広告が掲載されていた誌面は全部で約3.3面ほどありました。

応募資格として、ほとんどに書かれているのは年齢制限ですが、職種によっては、学歴、実務経験等を明示している企業もあります。

中でも、パソコン操作というのがかなり目立っていますね。


そして、求められていた所有資格は次のとおりでした。

6件 ビル設備関連有資格者

4件 薬剤師
   第2種電気工事士

3件 電験3種
   普通自動車免許
   大型2種免許

2件 看護士
   ボイラー1級
   冷凍機
   証券外務員
   防災センター要員講習
   マッサージ師
   危険物取扱者

1件 1級建築士
   2級建築士
   保健士
   看護教員
   臨床検査技師
   診療放射線技師
   准看護士
   介護福祉士
   自動車整備士2級
   自動車整備士3級
   建築関連資格者
   電験2種
   消防設備士
   ビル管(建築物環境衛生管理技術者)
   建築施工管理技士
   英検2級
   FP(ファイナンシャル・プランニング)技能検定
   フォークリフト運転技能講習
   エネルギー管理員
   自衛消防技術認定者
   調理師


以上です。
限られた表示範囲なので、省略された資格名もあります。

1日分だけですから、あまり参考にはなりませんが、求人募集の条件として所有資格を指定している企業で多いのは

ビル管理
医療・福祉
流通・サービス
金融
建築

といった業界でしょうか・・・・。




資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就職関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5169969