2007年08月26日

乙4危険物の受験者数は

乙種第4類危険物試験は、受験者層が高校生から中高年者までと幅広く、毎年かなり多くの人数が受験します。

危険物のうち引火性液体が取り扱える資格なので、身近なガソリンスタンドなどの根強い需要に支えられているようです。


消防試験研究センターの平成21年度における実施データでは

乙種第4類  
申請者 受験者 合格者 合格率
275,796 254,006 85,389 33.6%

となっています。

やはり、国家試験ではトップクラスの規模といわれるほどの人数ですね。

ちなみに、上表の乙4受験者数は、危険物取扱者試験全体の約64.3%で、乙種第1−6類合計の約85.3%でした。


ここで、体験記が公開されているサイトをひとつご紹介します。

☆chem-station危険物取扱者

  みんなの危険物取扱者試験体験記






資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消防関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL