2005年07月30日

マンション管理士は平成13年に誕生

居住形態のひとつであるマンションは年々増加し、住んでいる人はいまや一千万人を超えたといわれています。

つまり、日本は人口の約1割がマンション居住者ということになります。

一方、多くの住民が集まるマンションでは必然的にさまざまなトラブルが生じるようです。

たとえば、騒音、ペット、違法駐車、あるいは管理組合の運営問題、管理費の滞納などがあります。

また、マンションの管理を委託している管理会社とのトラブルも後を絶ちません。

さらに、建物の老朽化が進むにつれて、積立金を上回るような修繕費や場合によっては建替が必要になることもあります。

したがって、入居者で構成する管理組合が抱えたこれらの問題を解決するために、技術的なアドバイスや法的な指導も必要となります。

そこで、マンションの管理組合や区分所有者等からの相談に応じ、専門的知識をもって助言、指導その他の援助を行う人材、これがマンション管理士です。

略してマン管と言われることもあります。

マンション管理士は、平成13年8月1日施行の「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」によって誕生した新しい国家資格です。


第1回目は約10万人が受験し、合格者の平均年齢は42.5歳、最年少合格者は17歳、最高齢合格者は77歳の男性だったそうです。


その後、合格率の推移は

H13年 7.4%
H14年 7.0%
H15年 8.0%
H16年 8.8%

ですからかなり高いハードルの試験ですね。


1960年代から現在まで年々増加してきたマンションは、経年劣化も着実にすすんで問題が急増、マン管のニーズは拡大の一途です。


ここで、WEB上に公開されているマンション管理士合格体験記をご紹介します。


☆資格の総合スクール - LEC東京リーガルマインド
  合格体験記


☆資格の大原−専門学校(簿記・宅建など)
  合格体験記


☆有力資格試験の合格指導専門校 東京法経学院
  合格体験記


☆杉の子宅建開業講座
  合格体験記


☆資格の名門/Wセミナーの総合サイト
  合格体験記


☆マンション管理士研究会
  合格体験記








資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 不動産関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL



Excerpt: 東京リーガルマインドLEC東京リーガルマインド(れっくとうきょうりーがるまいんど)は、大手資格取得学校などを経営する会社。通称は「LEC」(レック、Legal Education Centerの略)。..
Weblog: 東京企業6
Tracked: 2007-10-06 12:31