2005年08月09日

冷凍機械責任者は高圧ガス保安法で規定された資格

われわれ人間が生きていくうえで、現在では欠かすことのできない存在のひとつに冷凍設備があります。

住居・ビル・店舗・学校・病院などの建物や、車・電車・航空機などの空調は、大小はあるもののすべて冷凍設備です。

また、食品などの冷凍・冷蔵保存も同様で、そのほか産業界の各分野においても冷凍設備は随所に使われています。


そして、一定規模以上の冷凍設備には、高圧ガス保安法の規定によって保安責任者を置くことが義務づけられております。

その保安責任者になるために必要な資格が冷凍機械責任者で、第1種第2種第3種に分類されています。

詳細はこちらでご確認ください。


この資格について、これから取得を目指す方々のための素晴らしいWEBサイトをご紹介します。
管理人はechoさんです。

☆冷凍機械責任者試験受験者支援サイト
  試験体験記

  トップページ








資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 18:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | ビル管理
この記事へのコメント
「4週間でマスター」はだめです。1問目でやる気をなくさせる。しかもあんな問題出やしないのに。「徹底研究」で勉強し直したらこれはまあまあわかりやすくて無事合格できました。
Posted by 対策書籍について at 2007年06月05日 17:14
「対策書籍について」さん、合格おめでとうございます。書籍の推薦ありがとうございました。
Posted by 多聞 at 2007年06月06日 14:35
第3種冷凍機械試験を何度か受験しましたが、失敗しました。平成19年の試験でいい対策を知っていたら情報をよろしくお願いします。
Posted by 村上 at 2007年08月21日 12:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5749280