2005年08月21日

ボイラー技士

ビル、ホテル、レストランなどの空調や給湯は、高温・高圧の蒸気、または温水が利用されています。

水を加熱してこれらの蒸気や温水を発生させる装置がボイラーです。

生産加工設備や消毒などにも蒸気が使われており、工場、病院などでもボイラーは欠かせない設備のひとつです。

ボイラーの操作や管理を安全に行うために必要な技術者がボイラー技士で、厚生労働省管轄の国家資格です。


ボイラー技士の資格には、2級1級特級の3つがあり、ボイラーの規模に応じて取扱作業主任者として選任できる種類が決められています。

この資格試験は、厚生労働省からの指定を受けた(財)安全衛生技術試験協会が試験代行業務を行っています。


関連サイト  (社)日本ボイラー協会


ここで、WEBサイトで公開されているボイラー技士資格の合格体験記をご紹介します。

☆Makoto ホームページ
  試験合格体験談

☆前橋工科大学梅津研究室(oo)
  ボイラー技士(2級)について

☆社会人の生涯学習〜収入アップを目指せ〜
  ボイラー2級

☆ビル管理 資格情報
  合格体験談一覧








資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビル管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL