2005年09月10日

自衛消防技術試験

ビルの管理や警備等の業務に携わる場合、東京都の場合は火災予防条例に基づいて実施される自衛消防技術試験の認定資格が要求されます。

この試験を受けるために必要な知識は、仕事に求められるというだけでなく、現代社会で生きている個人生活にとっても有益な内容です。

一家の中でひとりくらいは知っていた方が、万一の場合、家族の身を守るうえで大いに役立つかも知れません。


その科目は

・燃焼に関する知識と基礎的な物理・化学
・火災の現象や消火の方法
・建築物の構造と防災設備
・消防設備に関する知識
・自衛消防業務の実務
・消防関係法令

などです。


試験は1日で終了しますが、午前中が学科の一次試験、合格すると午後の二次試験で実技が行われます。

東京消防庁消防技術試験講習場では、一次試験が終わると、机上のモニターで合否が発表されます。

自分が受験したときは、午後に進めなかった人は確か25%位だったと思いますが、最近はもっと厳しいようで決してバカにはできません。


             (ご参考)一次試験の練習問題はこちら


二次試験はペーパーテストの他に、グループに分かれて個室で消火器の使い方や、非常放送の実技がひとりづつ試されます。

二次試験の合格発表は2週間後位に行われ、また全員に試験結果の通知が届きます。


受験対策として、自分の場合は社内講習がありましたが、公的には受験準備講習が財団法人東京防災救急協会で行われているようです。


標準的な受験参考書は、その財団法人東京防災救急協会で発行している


自衛消防技術試験受験必携(学科編)

自衛消防技術試験受験必携(実技編)

の2冊です。





資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 16:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 消防関係
この記事へのコメント
名もない警備会社に勤めています。前の現場が倒産し、今の現場が決定するまで一カ月かかりました。遅れた理由は警備の三種の神器(上級救命・
自衛消防・防災センター)を取得してなかった事です。そこで一念発起して三種の神器にトライしました。一番難しい自衛消防技術試験に合格した時は高校、大学合格以来の興奮をしました。どうか若い皆様方もチャレンジして、頑張って下さい。
Posted by 61才のじい様の挑戦 at 2009年11月14日 10:23
61才のじい様の挑戦 様
素晴らしいコメントを本当にありがとうございました。
管理人の職場に、一流大学を出た若手が数名おります。
しかし、自衛消防技術試験は、バカにして受験した場合、彼らでも合格できません。
職業によっては必須の資格ですので、当然かも知れませんね。
そこで、61才のじい様の挑戦様にお願いがあります。
この試験に見事合格なさった体験記をご投稿いただけないっだしょうか?
これから目指す大勢の方々のため、是非ともお願いしたいと思います。
左側目次の下の方で、合格体験を募集しておりますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました。
Posted by 多聞 at 2009年11月14日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL