2005年11月29日

今年のビル管試験に会社の同僚も合格

会社で前の席に座っている同僚Sさん(50代)が、平成17年度の建築物環境衛生管理技術者試験に見事合格しました。

早速、本社の社内報編集係から、合格体験記の原稿執筆依頼メールが入ったようです。

彼は、非常に回転が速く快活な人柄で、先月行われた消防署主催の自衛消防隊訓練審査会でも晴れて優勝の栄冠に輝きました。

そのSさんから寄せられたビル管合格体験をここにご紹介します。



【ビル管合格体験記】

私が通称ビル管と呼ばれる建築物環境衛生管理技術者の資格を取得しようと腰を上げたのは、2年前の春頃でした。
試験日まで半年を残しての決断でしたが、自分の考えでは2年計画で取得する作戦でした。

受験の動機は、職場の同僚がわずか4ヶ月程で自宅から近い職場に転勤できたことです。
希望がかなった理由は、その彼がビル管の資格を持っていたからでした。

当時、私は片道2時間かけて通勤していたので、30分でもいいから近い勤務地への転勤を強く望んでいたのです。

正直言って「何でこの人だけが条件のいい所に転勤できるのだ?」と大変ショックでした。

その時、思いましたね。
「業界のメジャー資格は、この世界では絶対必要不可欠である」と。

ちなみに、その彼はビル管講習で取得したそうです。


以下、私の受験体験です。

<初回>
一緒に入社した方が資格取得に関して詳しかったので、受験のアドバイスを求めました。
とりあえず、試験合格を目指すのだったらと、
日本教育訓練センター(JETC) 10年間過去問題集(通称赤本)
をすすめてくれました。


右が現在の赤本で、問題数は過去6年分と
なっています。




勉強法はと言うと、最低2回は全ページやること、理想は3回、という話だったのです。

ところが、これがかなりの苦痛でした。

50過ぎのオヤジには、180問x10年分のページを見ただけでぐったりしてしまいます。
しかし、私には2回目で合格というプランがありましたので、あわてずにあくまでマイペースですすめました。

その年の結果は計画通り?不合格、自己採点で正解問数は100を切っていました。(ゴルフだったらいいんですけど)

合格の条件は正解率65%なので、117問以上を正解した方達が勝利したわけです。

私の勉強法の実態はと言うと散々で、今思えば10年分をざっとなめた程度でした。
もちろん、朝夕の通勤電車内、また自宅学習とやってはいました。

それでも駄目だったのは、このような試験の方式やスタイルに慣れていなかったとの一言です。


<2回目>
次の年は、私にとって最後の挑戦となります。
初回の失敗を生かして早めに着手しました。

また、前年と同じ赤本に取り組みました。

それから、会社で開催してくれました受験者支援講習会で、「ビル管試験直前勉強会」何ぞと言う所にも顔を出しました。

会社の悪口を言う訳では有りませんが、自分にとっての内容は今一でした。

私は性格的に一つの事に集中することが出来ないたちで、ビル管試験の他に2つ程、資格取得の勉強をしていました。
資格マニア的な部分があり、3年前位から年に3件はチャレンジしようとやっておりました。(それも全て会社推奨の資格を)

「二兎を追うものは一兎も得ず」のことわざではありませんが、実はこの年も残念な結果に終わりました。

2年計画で合格を目指していた私にとってはかなりのショックでした。

もうやめようとも思いました。

この年のビル管試験は全国の合格率が何と10%を切り、これでは無理だと、変な言い訳を一人つぶやいていました。


<3回目>
いよいよ会社の受験料補助も今回がラストです。
崖っぷちに立たされました。

ここで冷静に過去の失敗を見つめ直しました。

(1)集中力が欠けていた。
(2)一つの教材(赤本)にばかり頼っていた。
(3)着手が遅かった。

以上3件の事柄を猛反省し、勉強を再開することにしました。

その(1)についてですが、やはりこれ位の試験になりますと、他の試験も一緒にというのは、私にとっては大変難しいことがわかりました。(中には電験3種ビル管を同年に取ってしまう人もいますが)

そこで、今年はビル管一本にしぼり、正月明けあたりからスタートしました。

相変わらず、通勤電車内での勉強時間がメインでしたが。

また(2)に関しては、考え方を書物だけではなく、実際に私が現在携わっている仕事にも視点を向けてみました。

折角ビル管の仕事に就いているのに、今まではその足もとに気づかなかったのです。

そして、日々の業務内容を今一度細かく見つめ直しました。

会社でまとめた設備全般のファイルも読み返しました。

3回目となると、おおよその試験内容が頭に入っていまして、TV、新聞、雑誌等で関連の内容があると、真剣に見たり読んだりしました。
当然興味もありました。

本はオーム社発行の月刊誌設備と管理で8月号あたりから直前対策で、予想問題等が掲載されていました。

意外と今回の試験内容に反映されていたようです。

(3)については、個人差は当然ありますが、1回で合格しようとしたら1年半〜2年位の時間をかけてやった方がいいと思います。

何でもそうですが、あせらず着実にやった方が良いです。

最後に結論ですが、他のもの(資格)には目を向けず、じっくりと時間をかけ、関連ネットワークから色々な情報を取り入れながらやり通す。

といったところが私の体験報告です。



以上がSさんのビル管試験合格体験記です。

余談ですが、この合格発表直後に自宅新築工事が完成し、今年はSさんにとって最高の年だったようです。

日頃、何かよいことをしていたんでしょうか・・・。











資格・スキルアップの banner_04.gif です。
応援をよろしくお願いします。

posted by 多聞 at 21:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | ビル管理
この記事へのコメント
私は通称ビル管技術者の資格を取得しようと考えたのは平成22年ごろでした。友人もこの資格の取得を考えていたのでちょうど二人で取得しようと挑戦が始まりました。それまで最終処分場管理技士、下水道検定第三種、電気工事士や冷凍機3種、給水装置工事主任技術者、宅建などの資格を取得していた私に取ってネズミ等の全く新しい分野はありますが、それほどまでには苦労しないだろう!との予測がありました。しかしながら過去問をこなして行くほどにこれではだめだと思い、平成23年は受験予定ではありましたが、仕事の都合で受験申請も出来ず今回、平成24年10月7日の試験を受験致しました。
今回の受験は、震災復興事業のため突然の出張となり被災地に居たため、受験のためだけに北海道に戻ることとなり、体力と勉強環境の整わない中での受験となりました。

勉強方法としては過去問を2回は行い、解説を読み、ほぼ90%の回答が可能となりました。その後全くの新問にチャレンジしようと考え、友人が受けていたビル管理講習会の資料も送ってもらい、模擬試験形式の新問題を3回は繰り返し行いました。しかしながら被災地での復興事業に携わっており、体力も気力も限界の中、満足の行く勉強は出来なかったのが残念でた。そういったなかでも被災地と北海道を結ぶ交通手段をあえて鉄道にし移動中車内で勉強時間を確保するよう努めました。過去問と模擬試験、そしてビル管理関連のテキストを十分ではないですが、読み通すことに努めて試験に臨みました。

試験問題を持ちかえり、その日そのままの状態で被災地にとんぼ帰りし回答速報の発表を待ちました。被災地ではインターネットもつながらず、携帯電話のみが唯一の連絡手段ではありましたが、大阪の友人より電話があり回答速報の回答を入手することが出来ました。その結果はトータル119問正解で、建築関連問題が15問中7問正解で足切ギリギリであったものの、おそらく合格圏内に入っているのではないかとの推測を立てております。いろんなサイトで合格点が上がるとか、史上空前の合格者だとか叫ばれていますが、そんなのはどうでもよく、ギリギリでも合格していれば自分をほめてやりたいと考えております。

今回受験された多くの方がそのような想いではないかと考えています。
ギリギリでも合格は合格、満点合格と寸分も違いないと考え、火曜日に行われる試験機関からの発表を待ちたいと思います。
そして、合格し免状を頂くことが出来たなら、この素晴らし資格を有意義に活用し広く社会貢献して行きたいと思います。また今回受験された多くの方々が合格しておれることを願ってやみません。
Posted by rarugo at 2012年11月03日 12:00
rarugo様
大変嬉しいコメントありがとうございました。
非常に厳しい環境の中で、119問正解は本当に素晴らしいと思います。
建築関連も7/15でしたら、基準を超えていますので、もう合格は確実ですね。

つきましては、rarugo様の貴重な合格体験を後続の方々にご紹介したいのですが、いかがでしょうか?
今回のrarugo様のコメントをご覧になる方も確かに多いと思います。
しかし、ひとつのタイトルとしてアップした場合は、比較にならないほど大勢の方が閲覧します。

できれば、左側の「合格体験募集中!」から入っていただき、書き込みしていただければ幸いです。
正式に合格の発表を確認されてからでも結構ですので、是非よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました。

Posted by 多聞 at 2012年11月04日 22:45
rarugo様
早速ご投稿くださいまして、ありがとうございました。
ドラマチックな合格体験で感動いたしました。
ただいま、アップさせていただきました。

rarugo様は多くの合格体験をお持ちですね。
またお時間の許されるときに、是非それぞれの合格体験記をご投稿いただきたく、よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました。
Posted by 多聞 at 2012年11月07日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9973447